>>トップ >>介護保険制度について
介護保険制度について

40歳になると、生活保護を受けている人を除いては、介護保険に加入することになります。介護や支援が必要と認定された人は介護に関するサービスを介護保険から受けることになります。

 

対象者は40歳以上

 

  対象者 介護サービスを利用できる人
第1号被保険者 65歳以上の方
  • 寝たきりや痴ほうなどで入浴・排泄・食事などの日常生活の生活動作に常に介護が必要な方
  • 家事や身支度などの日常生活に支援が必要な方
(いずれも要介護認定が必要)
第2号被保険者 40歳以上65歳未満の医療保険(国保など)の加入者
  • 初老期に痴ほう・脳血管疾患など加齢に伴う病気(特定疾患)により介護等が必要となった方(要介護認定が必要)

 

○国保とは別に介護保険の保険証が交付されます。

第1号被保険者(65歳以上の方)には全員に、第2号被保険者(40歳〜64歳の方)は要介護・要支援の認定を受けた人などに、介護保険の保険証が最寄りの市区町村より交付されます。

○介護が必要となったときは申請が必要です。

介護保険のサービスを利用するには、申請をして介護が必要な状態にあると認定(要介護認定)を受けなければなりません。認定された要介護度(要支援1,2・要介護1〜5)によって利用できるサービスの内容や量が決定されます。

 

●要介護認定の流れ

申請 調査 審査 認定 該 当  ・要支援1,2
・要介護1〜5
                   
              非該当  ・介護保険サービスは受けられません

↑ページトップへ