>>トップ >>保険給付 >>出産育児一時金について
出産育児一時金について

 組合員及びその家族が出産されたら、組合から出産育児一時金として
42万円を給付します。ただし、産婦が広歯国保組合の資格取得後
6ヶ月以内に出産され、以前に加入されていた健康保険から出産育児
一時金の給付を受けられる場合は除きます。


産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産した場合
に限ります。それ以外の場合は39万円です。


給付手続き
@直接支払制度を利用するとき
直接支払制度」とは、かかった出産費用に出産育児一時金を
充てることができるよう、国保組合から病院等に直接支払う制度です。
ただし、出産費用が支給額を超えた分は窓口で支払 いが必要となり、
下回った場合は申請書を提出することにより差額を支給いたします。

  この制度を利用するときは、病院等に「直接支払制度を利用する」
ことを伝え、合意書を取り交わしてください。


A直接支払制度を利用しない(できない)とき
出産した後に、次の書類を速やかに提出してください。
   後日口座振込により支給します。
・出産育児一時金支給申請書
・「産科医療保障制度加入機関」を証明する印が押された領収書
・妊婦週数の記載されている書類(出生証明書等)



↑ページトップへ