>>トップ >>保険給付 >>交通事故などで傷害を受けたときについて
交通事故などで傷害を受けたときについて

交通事故などで傷害を受けた場合でも,国保を使用して治療を受けることができます。その際には、必ず国保組合への届出をしなければなりませんので、ご注意ください。
被害者の医療費は一時的に組合が立て替えますが、あとから組合が加害者に過失割合に応じて立て替え分を請求します。

そのため、事故の相手方と示談を結ぶ前に,必ず組合へ届け出てください。第三者行為による被害届には,示談前に保険者に届け出いただくことになっております。そのため,加害者との間でいったん解決したと思っても医療費のことで改めて国保も交えて話をしなければならなくなるおそれがあります。

 

【届出に必要な書類】

(1)第三者行為による被害届
(2)事故発生状況報告書
(3)念書
(4)誓約書
(5)交通事故証明書

↑ページトップへ