広島県歯科医師会「禁煙宣言」



 喫煙は、喫煙者本人だけでなく周囲の非喫煙者にも悪影響を与える。

 喫煙により、肺ガン・気管支喘息などの呼吸器疾患、心筋梗塞等などの虚血性心疾患が引き起こされる。

 口腔領域では、歯周病の最大危険因子であり、中高年の歯牙喪失の大きな要因ともなっている。

 喫煙は「病気の原因の中で、予防できる最大かつ単一のもの」(WHO)と言われており、禁煙対策を推進することも県民の健康維持に繋がるものと思われる。

 平成15年5月1日に施行された健康増進法には、受動喫煙対策を推進することが義務付けられており、また、平成17年2月27日に発効したFCTC(タバコ規制枠組み条約)では、世界的な規模でのタバコ対策の必要性が訴えられている。

 社団法人 広島県歯科医師会では、広島県民の健康維持増進のために、禁煙の推進に向けて積極的に活動することを約束し、ここに禁煙宣言を行うものである。




1. 我々歯科医師は、歯科医療関係者の禁煙を推進します。

2. 我々の歯科医療機関内では、禁煙とし患者の受動喫煙を防止します。

3. すべての歯科医療機関で、禁煙を希望する人に、禁煙支援が出来るよう積極的に協力します。

4. 我々の開催する会議・学会・研修会等は、会場内を完全禁煙とします。

5. 受動喫煙を防止するために、あらゆる場所でのタバコ対策を提言します。

6. 我々は禁煙を推進するために、国や地方公共団体・関係各方面への働きかけを行います。