HOME > 食と自然 > バケツ稲を育てよう!!
バケツ稲を育てよう!!
広島県歯科医師会

広島県歯科医師会では、JA広島にご協力をしていただき、米作りを体験するため、バケツ稲の栽培を始めました。栽培をするのは、公衆衛生部常任委員23名と 広島県歯科医師会事務局の合計24バケツです。



まずは、芽だしから種まきです。写真は、福山市常任委員と事務局(広島市)のバケツです。

[福山市常任委員]
[事務局]

4月15日:芽だし開始

左「日本晴」右「コシヒカリ」
 
 

4月11日 芽出し「コシヒカリ」
 
 

4月11日 芽出し「日本晴」
 

4月21日:芽が出たので
土の上に移動
 

4月20日 種まき

4月26日:芽の先が
二つに分かれながら成長

成長速度が早く
どんどん伸びています。
 


5月5日:草丈が10cm程度

5月8日 移し替えの前に
分げつが始まる。
 

5月21日:葉が3枚になったので
苗を3本束ねて田植え

5月16日:苗の移し替え 
少し遅すぎました(反省)。
 
 
残った苗は別のバケツへ移動し
万一の際に備えることにしました。
 
 

5月28日:水の汚れが目立つため、
 バケツを室内から屋外へ移動しました。
 
 
6月6日:伸び伸びと育っています。
 
おまけ:間引かれたイネです。
どうなるのでしょうか。
 
 
6月12日
 
 
6月17日
 
 
6月19日
 

7月6日:分げつが進んで
株元がかなり太くなってきた。

6月26日


草丈も高くなり
先端が茶色になった葉もある。
梅雨が明けたら中ぼしの予定。
7月19日(日本晴)
茎の拡大画像です。

 
  7月21日(コシヒカリ)
穂が出ました。突然の事で驚きました。

 
8月3日
稲穂の数が増えて来たので、スズメ対
策としてネットを張ってみた。

 
7月29日(コシヒカリ)
穂の数が増えています。
未だ日本晴には穂が出ていません。

 
7月31日(コシヒカリ)
(左)日本晴,(中)コシヒカリ,
(右)間引かれたイネ
間引かれたイネは養分が足りないのか、
背丈が伸びません。

 
8月26日
葉もほとんど枯れてきたので…
8/26
 
刈り取った。
8/26
 
8月29日

9月5日

カーテンレールに吊るしてみたが、
面白くないので…
8/26
 

9月19日 落水しています。

待合室に活けてみたら、
患者さん達にとても好評だった。
8/26
10月1日
継続して待合室に展示中

 9月30日 稲を刈りました。


稲を干しています。

 

 
10月20日 脱穀
コシヒカリ: 14g

 
  日本晴: 30g

 
11月6日 脱穀
残った苗: 18g
   

 

 


バケツ稲に関する情報は、
みんなのよい食プロジェクト http://www.yoi-shoku.jp/

バケツ稲ネットワーク http://www.yoi-shoku.jp/backet/

で紹介されています。

バケツ稲収穫祭は こちら→
▲このページの上部へ