HOME > 食と自然 > バケツ稲収穫祭
バケツ稲収穫祭
広島県歯科医師会

参加証
広島県歯科医師会公衆衛生部では、JA広島に協力していただき、平成22年4月より、公衆衛生部の常務、理事、常任委員の23名と歯科医師会事務局で、バケツ稲の育成をしてきました。ほとんどの人が、初体験で、紆余曲折ありましたが、ようやく収穫することができました。
 
常任委員は、広島市内、福山市、尾道市、三次市、呉市などいろんな地区の人がおり、育てた環境も、自宅の庭、マンションのベランダ、医院の中で育てた人など様々でした。


育成結果も、うまく育成できた、途中で枯れてしまった、途中までうまくいっていたが、すずめにほとんど食べられてしまった人など色々で、収穫量も0g~69.5gまで幅がありました。

収穫結果表

(全員の結果です。空白は、収穫できなかった人です。)

委員イニシャル 収穫量(g) 委員イニシャル 収穫量(g)

K・T

17.0

M・Y

2.4

Y・K

 

A・Y

 

M・S

41.2

O・H

8.0

K・T

 

O・H

 

S・Y

14.4

M・K

 

Y・Y

38.2

K・K

4.2

S・H

66.0

Y・K

14.0

S・T

 

K・F

7.9

F・K

 

H・W

 

Y・S

69.5

F・M

24.0

O・K

 

S・H

 

T・N

13.6

H・Y

44.0

 

表彰式

12月8日の公衆衛生部忘年会の席でバケツ稲表彰式を行いました。収穫量が1位と2位の委員は、荒川専務から表彰されました。

表彰式

うまくいった人も残念ながら収穫できなかった人も、それぞれ一生懸命育てた結果で
あり、今回のバケツ稲育成の経験を通して、お米を作ることの大変さとお米の大切さ
を理解できたように思います。

 

バケツ稲の様子は こちら→

▲このページの上部へ