HOME > 食と自然 > 大崎上島へのブルーベリー:神峯園
大崎上島へのブルーベリー:神峯園
竹原・豊田歯科医師会

・大崎上島へのブルーベリー導入の経緯

大崎上島はもともと、隣の大崎下島と合わせて、みかんの産地として有名でしたが、1972年(昭和47年)のみかん大暴落により、柑橘の生産農家は大打撃を受けました。そこで、みかんと正反対の季節に収穫できる作物で、経営の多角化を図ろうと考えた大崎上島の柑橘農家のうち、横本正樹を始めとする当時の若手生産者10名が1976年に「大崎ブルーベリー研究会」を立ち上げました。これが大崎上島の、また西日本で初めてのブルーベリー栽培を始めたきっかけとなり、試行錯誤を繰り返しながら栽培・販売を広げ、「大崎ブルーベリー研究会」は1986年に法人化して、「農事組合法人・神峯園」となりました。

大崎上島のブルーベリーの特徴

瀬戸内地方は、全国でも日照時間が長く、比較的温暖でありつつも、ブルーベリーの休眠期間に必要な低温要求量も満たせる土地です。そのぶん、関東東北地方よりも熟期の果実の管理方法が難しいのですが、アントシアニンなどの含有量が多いというデータもあります。また、農事組合法人・神峯園では全園で無農薬栽培を行っており、選果も一粒一粒を職員の目で行い、安心安全なブルーベリーをお届けするように細心の注意を払っております。

ブルーベリーと選別の様子

加工品の案内

ブルーベリーソース
ブルーベリーソース

神峯園では、ブルーベリーを使ったジャム(参照)、ヨーグルトやアイスクリームに添えるソース、炭酸で割ったりカクテルの元にも使えるジュースの他、大崎上島で収穫された季節のフルーツを使ったジャムも販売しております。
神峯園のジャムは砂糖以外の添加物は使用せず、大崎上島で採れたての新鮮な果物をそのまま煮詰めた贅沢なジャムです。ぜひ一度ご賞味ください。
 

1997年に日本ブルーベリー協会の行った調査では、神峯園のブルーベリージャムに含まれるアントシアニン含有量が他社の製品に比べて最も多かったと報告されています。このアントシアニンは、高等植物では普遍的な物質であり、花や果実の色の表現に役立つフラボノイドの一種で、抗酸化物質として知られています。

▲このページの上部へ