HOME > 食と楽しみ >食育のすすめ-「こしょく」をなくそう
食育のすすめ-「こしょく」をなくそう
広島県健康福祉局保健医療部健康対策課
溝上 利枝

「こしょく」という言葉を聞かれたことがありますか?
漢字にすると「孤食」,「個食」,「固食」・・・。今,問題になってきている「食事の形態」です。
 

孤食 固食 個食


意味は,“一人で食べる”「孤食」,“同じものばかり食べて栄養バランスが偏る”「固食」,“家族が同じ料理を食べず,それぞれ好きなものをバラバラに食べる”「個食」,などです。
食事は栄養のバランスも大切ですが,食卓での家族の「団欒」によって得られる,マナーや思いやりの気持ちなど,生きるうえで必要なことを学ぶ場でもあります。

 

ひろしま健康づくり県民運動

広島県民の健康づくり情報冊子「ひろしま健民」

広島県では「ひろしま健康づくり県民運動」を進めており,その取組みの一つとして,健康づくり情報誌「ひろしま“健”民」を発行しています。(年2回)

2010年春号で食育をテーマとして取り上げ,「こしょく」をなくすためのいくつかの工夫点を紹介しました。


もし,あなた自身やあなたの周りで,「こしょく」をしている人がいたら,参考にしてみてください。

 

■げんき!健康!ひろしま県:特集「食育のススメ」

 

▲このページの上部へ