HOME > 食と健康 >アンチエイジングの秘訣は食習慣にあり!!<後編>
アンチエイジングの秘訣は食習慣にあり!!<後編>

~アンチエイジングのための歯・口の健康~
広島県歯科医師会

 

前回は、よく噛むことがアンチエイジングに繋がるというお話でしたが、よく噛むためには、歯や口が健康であることが、欠かせません。
また、明眸皓歯(めいぼうこうし)という言葉があるように、健康できれいな歯は明るい瞳とともに美しさの形容とされています。
今回はそんな歯・口の健康とアンチエイジングとの関わりについてのお話です。

■歯と口の健康、あなたは自信がありますか?

人生80年といわれますが、老いを感じるきっかけは、目と歯、口が多いようです。
40~50歳代は、そろそろ老化の兆しが見え始める頃ですが、歯が急激に失われてくるのも実はこの頃なのです(図1・2)。

■歯を失う原因は?

歯を失う2大原因は、むし歯と歯周病です。写真1・2のような口元だと、自信を持って笑ったり話したりすることができません。また、年齢よりもずっと老けて見えます。
歯・口の病気は放っておいては決して治らず、必ず徐々に悪化していきます。その結果しっかりと噛むことができなくなり、食べ物の嗜好が、軟らかいものに偏る傾向があります。
タコやイカ、漬物をポリポリ食べるのが出来なくなるのは悲しいですよね。

■歯・口の健康を保つための2つのケア

歯・口の健康を保つためには、家庭での歯みがき、フロスや歯間ブラシの使用(セルフケア)と、歯科医院での定期的な健診や歯のクリーニング(プロフェッショナルケア)が重要です(写真3・4)。

むし歯も歯周病も口の中の細菌によって引き起こされる生活習慣病です。自分自身が生活習慣を改めない限り、進行を止めることはできないのです。歯・口の健康と生活習慣を見直し、2つのケアでアンチエイジングに努めましょう。

■歯科矯正できれいな歯並びに

歯並びが悪いと、見かけがよくないだけでなく、歯垢も残りやすく、むし歯や歯周病の原因にもなります。また、食べ物を効率的に噛むことができません。
矯正治療できれいな歯並びにして健康的な口元と、しっかりとした噛み合わせにすることは、歯・口の健康を保持することにつながります(写真5)。

■いつまでも健康な歯と口で若々しく・・・

歯・口の健康とアンチエイジングとの関わりについてご理解いただけたでしょうか。
皆さんもぜひ、歯と口の健康をいつまでも保ち、楽しくおいしい食事と共にアンチエイジングを目指しましょう!


>>前編はこちら

▲このページの上部へ