HOME > 食と健康 >ひみこのはがいーぜ「いー・ぜ」
ひみこのはがいーぜ「いー・ぜ」
広島県歯科医師会

「いー」胃腸快調(胃腸の働きを促進する)

我々は食べることによって生きていく上で必要な栄養素を補給します。
噛むことは、脳を刺激して胃腸の働きを活発にします。また、唾液の分泌を促進し、食べ物を粉砕して表面積を増やします。ご飯をよく噛んでいると甘く感じるようになるのは、唾液の中にあるアミラーゼという酵素が、でんぷんを分解した結果であることはよく知られています。これは消化の重要な第1段階で、口は最初の消化器官といえます。
次に、しっかり噛むことにより、食べ物は細かく粉砕され、胃でペプシンというタンパク質を分解する酵素とまざりやすくなります。その結果、胃腸の負担が減るとともに効率のよい栄養素の吸収につながります。
食べ物がきちんと咀嚼されないと胃腸障害や栄養の偏りの原因となりがちです。偏食なく、なんでも食べる事が生活習慣病予防に重要です。
慣れるまでは大変かもしれませんが、一口30回噛む事(カミング30運動)を心がけて食事をするようにしましょう。
「歯丈夫、胃丈夫、大丈夫」と言われるように特に胃腸が悪い方は、良く噛めるように「かかりつけの歯科医」を受診して歯の治療もお勧めします。

「ぜ」全身の体力向上と全力投球 


画:Motoko Shintani

「ここ一番」力が必要な時、ぐっと力を入れて噛みしめた時に丈夫な歯がなければ十分な力が出せません。
また、バランス感覚や瞬発力の向上にも、よく噛める事が欠かせません。
一流の運動選手は歯をとても大事にして、十分な自己管理とともに治療が必要な場合はすぐに治療をしています。
つまり、良く噛んで食いしばる事ができることは、生きる力の発揮と体力の向上につながり、日常生活への自信も生まれてきます。

 

以上、良く噛む事の効用を記してきましたが、一つ誤解をしないで頂きたいのは良く噛むとは硬い食べ物をお勧めしているわけではありません。
無理に硬い物を食べると歯が浮いたり、顎の関節を痛めたりします。
硬い物が好きな方は若いうちはいいのですが、中年以降になると歯が割れたり異常にすり減ったりして歯をダメにしてしますので気をつけて下さい。
軟らかい食べ物でも良く噛んで食事をすることが大切です。

▲このページの上部へ