HOME > 食と健康 > 義歯を使っておられる方の食生活
義歯を使っておられる方の食生活
 
広島市リハビリテーションセンター 医療科部長 吉田 光由

歯をなくした方の食事がどのように変化するのかといった研究は、国内外で数多くなされており、おおむね一定の傾向がみられています。
表は、わたしたちが京都府立医科大学看護学科木村みさか先生の研究グループと一緒に行った研究結果です。京都府在住の65歳以上高齢者182名(男性60名,女性122名、平均年齢75.0歳)に対して、BDHQ(Brief Diet History Questionnaire)という過去1ヶ月間にいろいろな食品をどのぐらいの頻度で食べたかを問うアンケート用紙を用いて食物の摂取状況を調査しました(Yoshida M, et al. Geriatr Gerontol Int, 2011) 。その結果を両側の臼歯部の咬み合わせが自分の歯で保たれている方(天然歯群)と義歯により保たれている方(義歯群)に分けて比較したところ、義歯群では野菜の摂取量が少なくなり、一方、菓子類の摂取量が増えていることがわかりました。また、この研究では統計学的には有意な差は出ませんでしたが、海外の多くの報告では果物の摂取量も歯を喪失した方で有意に減少していることが言われています。要するに、歯がなくなると、たとえ義歯を使用していたとしても、硬い食べ物を避けて、柔らかい食べ物を食べようとする傾向があるということです。
栄養素としてみると、いわゆる3大栄養素と呼ばれるタンパク質、脂肪、炭水化物の摂取量に、歯の咬み合わせの状態はさほど関係していませんが、生野菜や果物に多く含まれている食物線維やビタミン類の摂取は自分の歯のかみ合わせを失くして義歯を使っておられる方で、有意に少なくなっていました。
生野菜や果物はジュースにして摂取してもその栄養素は失われることなく補給できることが言われています。1日1本、野菜や果物ジュースを飲まれてみてはいかがでしょうか?義歯を使われている方にぜひお勧めしたい食習慣です。一方でその時一緒にお菓子を買わないように気をつけて下さい。義歯を使っておられる方はお菓子類の食べすぎにも注意が必要です。お忘れなく。

天然歯と義歯の食物摂取量の違い
▲このページの上部へ