HOME > 食と文化 > 呉市倉橋町特産の「お宝とまと」
呉市倉橋町特産の「お宝とまと」
広島県歯科医師会

ご存知でしたか、「お宝とまと」の旬?

一般的なトマトの旬は夏ですが、ハウス栽培で冬・春に収穫されるトマトがあります。呉市倉橋町特産の「お宝とまと」は倉橋町施設野菜生産組合が、ビニールハウスで栽培・生産している冬・春トマトです。

ビニールハウスの全景

 

 

倉橋町の「お宝とまと」

倉橋町特産の「お宝とまと」の収穫は1月~6月末までに行われます。収穫の最盛期は、3月と4月です。このトマトの品種はハウス桃太郎で、おいしく育てるためにハウス内で肥料や水を少なめに栽培し、完熟してから出荷します。肥料は「魚や大豆のかす」を用いたものを使用して、化学肥料は使用していません。私の「お宝とまと」を食べた感想は、夏が旬の一般的なトマト独特の酸味に加えてほどよい甘みを感じ、食感もよく食べるのがやめられないほどのおいしさでした。そして天然の肥料で栽培してあるので、食べていて安心感を得ることもできました。

ハウス内で栽培されているトマト 
組合内の集荷選別所

 

 

こちらで購入できます!

「お宝とまと」は広島県内のスーパーで販売されています。県外には出荷されていませんので、新鮮な「お宝とまと」をぜひ、旬にご賞味してみてはいかがですか。



▲このページの上部へ