HOME > 食と文化 > おせち(御節)料理
おせち(御節)料理
食生活改善推進員団体連絡協議会

おせち(御節)料理のいわれ

御節とは、中国から伝わった暦上の節目のことを示し、正月、一月七日(七草粥)、三月三日(ひな祭り)、五月五日(端午の節句)、七月七日(七夕祭り)九月九日(重陽:菊の節)があります。こうした節日(節句)には祝事を行い、この時作られるめでたい料理を、おせち(御節)料理と呼びます。
現在では、一般に祝う風習のある節日は正月のみとなったため、おせち料理は、前年の大晦日までに作る、正月のための料理(正月料理)のみを指すようになりました。おせち料理は、酢に漬けたり味を濃くするなど、日持ちするように作られています。これは、火の神である荒神を怒らせないため、正月に台所で火を使うことを避けるため、台所仕事をしないようにという平安時代後期からの風習によるものです。また、主婦を正月位は休ませるるためという意味合いもあります。

おせち料理の紹介

おせち料理

おせち料理に使われる食材や料理は、地域の風習、その特性、名前、色合いや形から縁起をかついで選ばれ、その一つ一つに夢や願いが託されています。
1年をまめにくらせるよう黒豆、毎年目が出るようクワイ、先が見通せる蓮根、きんとんに金団の字をあてて財が増えるように、よろこ(ん)びを結ぶ昆布巻、めでたいの鯛、子孫繁栄に数の子、五穀豊饒の田作り(かたくちイワシ) 、などがその代表的なものです。祝い膳として、こうした沢山の海や山の幸を三重や五重の重箱(奇数を良しとすることから)につめて、元旦から三が日まで取り分けて食べます
しかし最近は、そのような風習も少しずつ変わり、専門店のおせち料理に変わりつつあるようです。とはいえ、時代背景は変わっても、正月はご家族で過ごされる機会が多いと思います。家族のつながりや新たな年の幸せを願う日本ならではの正月行事を、次の世代に伝えていきたいものです。


▲このページの上部へ